FXの売りから入る、を初心者のうちにおさえよう

FXで投資を始めるためにいろいろなネットのおすすめ記事などを読んでいる人もいるかと思います。このようなときに、売りから入る、買いもどすという言葉を聞いたことがあるかと思います。これは今価値の高い通貨を売るということですが、初心者には違和感がある人もいるかもしれませんね。


FXは持っていない通貨も売れる

持っていない通貨を売るというのは違和感が多いでしょうが、ここにはFXの特徴でもある売り買いがセットになった投資だからできる方法となっています。株式投資などでは持っていない株は売ることができませんが、先物取引であるFXでは、これから価値が下がるかもしれないものを、まずは借りて売るということができるのです。売っているので、これは絶対に買わなくてはいけません。買った場合も同じで、買ったら売るのです。


同じ通貨で返す義務がある

例えばアメリカドルを売りから入る場合、1ドル150円と1ドル100円なら、10万円で買えるドルは、100円のほうがたくさんありますよね。売りからの場合、売りたい通貨は、絶対に同じ通貨で返す決まりがあるので、かえすときもアメリカドルで返すのです。10万円分をアメリカドルで返済すると、円高と円安で、買えるドルが変わります。ここで利益が出ることを買い戻しというそうです。


参照サイト

Comments are closed.

Post Navigation