Monthly Archives: 6月 2014

You are browsing the site archives by month.

FXは24時間トレードって本当?

FXでは24時間トレードができることから、株式投資のように投資だけに時間を取られることがないというのも、初心者にとって始めやすいといわれる理由となっているそうです。FXでは証券取引所のような場所が存在しているわけではありません。バーチャル市場があり、世界を回っているのです。


FXはウェリントン市場からスタート

FX市場はニュージーランド・ウェリントン市場を一日のスタート地点と定めています。ここから香港や日本、シンガポール市場などのアジア市場を経由して、ヨーロッパ市場へ、最後がニューヨーク市場となって、一日が終わるのです。土曜日と日曜日は市場がお休みになるので、金曜日、月曜日には、市場が大きく動くことも多いそうです。


トレードする市場のクセや性格を知ろう

市場が世界を移動しますから、市場ごとにトレードを行う人の方法なども変わるそうですし、市場には癖、性格のようなものがあるそうです。一番、セオリーに従順な市場と言われるのがアジア市場なので、最初のうちはここで慣れることをおすすめする人も多いそうです。短期トレードでも扱う通貨ペアなどで、得意な市場が変わるケースがあるそうです。市場ごとに売買の手法を変えることが効率を高めるコツだそうです。

FXの損益通算ってなんのこと?

FXではトレードを確定させて、通算してマイナスになってしまった場合、ここから3年間、損益通算ができるというルールがあります。損益通算とは、損した金額と利益を足しひきしてバランスを取るものです。なのでマイナスが出ても、確定申告は必ずするほうがいいそうです。


FX初心者が抑えたい損益通算

FXではトレードを確定した利益やマイナス金額に対して税や、その年以降の税金の優遇措置などを受けられるようになっているそうです。例えばFX初心者がトレードを開始した年に100万円の損が出たとします。これを確定申告すると、翌年以降の3年間は出た利益から100万円分は回収できるというものです。翌年に30万円の利益が出たとしても、昨年に100万円の損をしているから、トータルしたらまだ70万円の損ということから、課税対象となりません。しかし持ち越せるのは3年間と期限があります。


確定申告はどこで行うの?

確定申告とは税金の調整のことです。申告書は3種類ありますがFXの場合は通常、給与所得以外の所得などを申告する用紙を利用します。手元に自分の会社から発行された源泉徴収票などを手元に置いておけばインターネットからイータックスで申告できるそうです。FX専門サイトなどでは、このネットを使った確定申告方法を詳しく説明しているところもあるので参考にすることをおすすめします。

FXで得た利益の税金はどうなるの?

FXで利益を得たという場合には税金がかかります。これは特に副業でお小遣い程度に、という考えでFXを行っている人は注意したいポイントとなってきます。専業主婦などが行う場合、金額によっては税金の負担などが増えてしまう可能性があるからです。


FXの税金は20万円を基準に

FX初心者で仕事をしながら、という人は、年収2000万円以下でお給料のお金以外に20万円以下であれば、任意となりますから、確定申告が義務にはなりません。専業主婦や他に仕事をしていないという場合は、38万円以下です。この金額を参考に、FXの利益などを確認してみましょう。税率は一律で20パーセントです。超えてしまうと国民年金保険料なども負担がかかるそうですから、利益を確定する際に税金面とのバランスも考えるといいかもしれません。


超えてしまったら確定申告で税金を支払おう

超えてしまった場合に限らず、確定申告はできる限り毎年をおすすめします。利益を確定したものが税金の課税対象となるそうですから、確定せずにある利益となるであろう分(含み益といいます)は、申告しなくていいそうです。確定申告は難しい書類に見えますが、自分で書いて提出することができない書類ではないですから、チャレンジすることをおすすめします。。マイナスが出た年から3年は、損益通算というマイナスとプラスを調整する申告ができます。損益通算を行っている場合には、20万円以上になった利益でも課税対象ではなくなることも多いそうです。

初心者が長期トレードをするにはシストレで

FXの長期トレードというと初心者にはできない、リスクが大きいというイメージがあるかもしれません。実際にFXトレーダーで多いのはデイトレーダーという短期間の売買をメインに利益を考える人なのだそうですが、スワップポイントなども利益も考えられる長期トレードを考える人もいるようです。


FX長期トレードはシストレがおすすめ

そこでおすすめしたいのが、システムトレードの利用です。これはかつてプロが利用していた、売買の値段や差額を決めて、そのまま機械に任せてトレードを行うものです。値段が動いて、指定した差額が出たら売ってくれますし、買いも注文予約ができるものもあるそうです。シストレも種類が多いのですが、長期トレードを行うなら、自分でチャートをチェックできない時間帯のフォローもしてくれるシストレは非常におすすめされるそうですよ。


レバレッジを低くする長期トレード

長期トレードではできるだけリスクの原因となるものを最初に排除します。レバレッジは設定しない、あるいは非常に低くしておくそうです。これはシステムに万が一のことがあった場合に、マイナスを最小限に抑えるというリスクヘッジの意味もあるそうです。長期トレードでは最初に多めの証拠金があるほうが安心ですが、証拠金をスワップポイントの利益で増やしていくという人もいるそうです。

FXの売りから入る、を初心者のうちにおさえよう

FXで投資を始めるためにいろいろなネットのおすすめ記事などを読んでいる人もいるかと思います。このようなときに、売りから入る、買いもどすという言葉を聞いたことがあるかと思います。これは今価値の高い通貨を売るということですが、初心者には違和感がある人もいるかもしれませんね。


FXは持っていない通貨も売れる

持っていない通貨を売るというのは違和感が多いでしょうが、ここにはFXの特徴でもある売り買いがセットになった投資だからできる方法となっています。株式投資などでは持っていない株は売ることができませんが、先物取引であるFXでは、これから価値が下がるかもしれないものを、まずは借りて売るということができるのです。売っているので、これは絶対に買わなくてはいけません。買った場合も同じで、買ったら売るのです。


同じ通貨で返す義務がある

例えばアメリカドルを売りから入る場合、1ドル150円と1ドル100円なら、10万円で買えるドルは、100円のほうがたくさんありますよね。売りからの場合、売りたい通貨は、絶対に同じ通貨で返す決まりがあるので、かえすときもアメリカドルで返すのです。10万円分をアメリカドルで返済すると、円高と円安で、買えるドルが変わります。ここで利益が出ることを買い戻しというそうです。


参照サイト